03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

Anna Saito Works

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

 


みなさま、しばらくブログの更新が止まってしまい申し訳ございませんでした。


本日、3月17日(月)より個展が開催されます。


齋藤アンナ展


2014年3月17日(月)~3月22日(土)
12 時~ 19 時
★金曜 12時~20時 
★土曜・祝日 12 時~ 17 時
会場:ヴァニラ画廊
入場費:無料

問い合わせ先
ヴァニラ画廊 
〒104-0061 東京都中央区銀座八丁目10番7号 東成ビル地下2F
TEL: 03-5568-1233

※18日(火)と20日(木)が作家不在の日となります。


齋藤アンナ 禁猟〜両性具有者の森〜
2010年から2014年まで制作した作品の中から、「森」と「両性具有」をキーワードに作品を選び、展示致します。




030_convert_20110625004115.jpg




FC2 Management
2014/03/17 Mon. 02:54 | trackback: 0 | comment: 0edit

怪物庭園1 



遅ればせながら 修了制作の写真を公開します。



詳しくは展覧会記事で今後紹介する予定です。
展示情報も近々、お知らせしますのでしばしお待ち頂ければと思います。







怪物庭園 黄泉比良坂のキメラ


怪物庭園2






怪物庭園3






怪物庭園1





黄泉比良坂のキメラは国を越え、地域を越え人間の本能に刷り込まれた暗闇に潜むものから感じる不安を、キャンバス上の空間に投影して作り出した虚像である。
 描いた人物はあらゆる時代あらゆる言語あらゆる図像の合成生物(キメラ)であり、彼らは生きていなければ死んでもいないし、性別も無ければ具体的な名前や物語をそれらは持ち併せていない。
 これらの人物達は皆一概に無表情であり何処か青白く、身体のあるべき場所にパーツがないこともあれば、角や翼など人間には存在しないはずのパーツが付いていることもある。彼らの姿は常に安定せずに「神秘的で不可解なもの」として画面に描かれているが、一方で私自身はそれらを描いている過程でその不安定さや欠損している部分に愛着を持つことが多い。彼らは、私が生きていく中で感じている不安や愛などのあらゆる思いが合成されて誕生したキメラでもある。

(修士論文より)






2014年1月









2014/02/03 Mon. 04:40 | trackback: 0 | comment: 0edit

今年もよろしくお願いします 


あけましておめでとうございます。

卒業制作等で忙しくブログの更新がしばらく滞ってしまい申し訳ありません。



昨年も等ブログをご覧くださってありがとうございました、今年も宜しくお願いいたします。



齋藤 杏奈


yomihira2.jpg



yomihira.jpg



制作中の作品(部分)

no country for you 黄泉比良坂のキメラ




2014/01/01 Wed. 02:39 | trackback: 0 | comment: 0edit

禁猟 イーダの森1 



久々の更新になります。
世田谷美術館区民ギャラリーで開催された「sight思ing」にて出展した作品です。





禁猟 イーダの森


DSC_0005.jpg





齋藤 禁猟2(小さく掲載) - コピー





触れることの出来ない紀元前の森を作り出す。
この「禁猟 No country for you」では、画面内の空間に深い森の中でうごめく何者でもない魂と、時をこえてそれらを照らす月の光を封じ込めた。
配置されたキャンバス・オブジェの画面内の空間、その一つ一つは物理的に切り離されているように見える。しかしこれらは広大な同一の空間を構成しているパーツであり、実際の三次元空間にこれらを配置することにより、時空を越えた存在のように感じられる紀元前の森を日常に紛れ込ませているのだ。

自分を取り巻く世界の奥底に脈々と受け継がれている普遍的な部分を、私は求め続けている。








2013/11/11 Mon. 00:06 | trackback: 0 | comment: 0edit

展示のお知らせ 女子美術大学大学院洋画領域 森展vol.5「sight 思ing」 


10月になりました。
今月末の展示のお知らせを致します。

是非とも、足をお運び頂けると幸いです。







女子美術大学大学院洋画領域 森展vol.5「sight 思ing」


女子美術大学 大学院 洋画研究領域 大森ゼミに所属する7名と教授による展覧会です。



《日時》
2013年10月29日(火)〜11月3日(日)
10:00〜18:00(入館は閉館30分前まで)

10月29日(火) 16:00〜18:00
11月 3日(日) 10:00〜16:00
となっております。
お間違いのないよう、お気をつけ下さい。

場所:世田谷美術館区民ギャラリー
参加作家:大森 悟教授/大塚 弓絵/齋藤 杏奈/具 ギプン/古曳 正実/熊谷 真希子/二宮 瑛梨/萩原 葉子


ゼミ展20132
ゼミ展2013





※facebookページより引用させて頂きました。


展覧会ホームページ→ 
https://sites.google.com/site/2013omorizemi/


公式ツイッター→https://twitter.com/joshibi_omori



facebook→ https://www.facebook.com/events/593944387318172/?ref_dashboard_filter=upcoming


等、続々更新中です☆彡
会場に来れない方も是非ご確認ください!


よろしくお願い致します。




2013/10/09 Wed. 02:42 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。