06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

Anna Saito Works

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

あらゆるおもいとともに1  



あらゆる人々の魂の断片から出来た大きな思念体。

彼らは「人ではないもの」のしるしとして頭に角を生やし、今もすぐ隣にある目に見えない世界から
私たちを見つめ続けている。


齋藤画像2_convert_20120730225502




2012年7月制作 キャンバスに油彩、S60号




スポンサーサイト
2012/07/30 Mon. 23:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

夜の物語 


白い月の下に集うもの、
埋葬するセイレーン達(魂の運び手)。



奇形3



2012年7月制作 キャンバスに油彩 F60号



2012/07/30 Mon. 22:51 | trackback: 0 | comment: 0edit

魂の融解・分離 




ずっと傍にいた。魂の三つ子。
どんなところでも、その霊魂はつながり続ける。

運命のように出会い(融解)、別れ(分離)し続ける。



奇形







奇形2




2012年7月 油彩・キャンバス 



2012/07/30 Mon. 22:44 | trackback: 0 | comment: 0edit

あらゆるおもいとともに(展示風景) 



静謐の中で行われる、死者による行進。


齋藤画像3_convert_20120728015157


作品ごとに詳しくは後ほど。

2012年7月26日撮影
齋藤



2012/07/28 Sat. 01:59 | trackback: 0 | comment: 0edit

「PANDORA」 展示風景 


めまいの中にみた破滅のビジョン。



展示727


作品ごとにのちほどアップします。


2012年7月26日撮影

齋藤




2012/07/28 Sat. 01:56 | trackback: 0 | comment: 0edit

死せる Prometheusの子 



今までのCGとペインティングによる実験的な作品の展示風景。
自分の中の真実の記録を部分的にだが作品にしてみた。



842




8422





8424.jpg





8423.jpg



2012年7月




2012/07/16 Mon. 00:13 | trackback: 0 | comment: 0edit

Prometheus♯3「めまい」 



混沌とした時の中、強烈な「めまい」とともに私は幻を見た。
増殖するもののビジョンと、そこに漂う不安、緊張感は忘れられないものである。




8425.jpg






原子炉






8429.jpg




2012年7月  写真をphotoshopで加工



2012/07/15 Sun. 22:06 | trackback: 0 | comment: 2edit

Prometheus♯2「Deathの輪郭」 


混沌の中、錯乱状態で見たのは鮮烈な終わりのビジョン。
血の通わぬ情報によって人の中の「死」は、細胞のように増殖していく。



84211.jpg




84210.jpg



2012年7月 写真をphotoshopで合成



2012/07/15 Sun. 21:30 | trackback: 0 | comment: 0edit

Prometheus♯1「滞留するもの」「祈り」 



濁った灰色の空間に、滞留する感情。
白骨に祈りを込める。



8428.jpg



8426.jpg


2012年7月 ロール紙に水彩


2012/07/14 Sat. 04:04 | trackback: 0 | comment: 0edit

BABEL 展示写真 


これらは終末が始まる土地の景観であり、
現実の中に潜む、目に見えない「あの世」の境界の風景でもある。



八号館6




八号館





八号館3





八号館5






八号館2





八号館4



2012年6月



2012/07/14 Sat. 03:53 | trackback: 0 | comment: 0edit

Babelの獣・人 



亡霊2




無数の人と獣に生きていた、その土地も

今はその痕跡を残さずに、目に見えぬ亡霊たちが彷徨うばかりである。




亡霊




2012年6月 キャンバスに油彩 72×91cm






2012/07/02 Mon. 19:45 | trackback: 0 | comment: 2edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。