06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

Anna Saito Works

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

{5月27日からの展示} 夜の鳥 セイレーン 




こんにちは

遅ればせながら5月27日(月)よりの展示のお知らせをさせて頂きます。




詩篇vol.01

夜の鳥 セイレーン 展

絵画と詩の私的でささやかな実験


絵画制作:齋藤アンナ(齋藤杏奈)
詩の提供:伊武トーマ


会場:ギャラリー銀座フォレスト・ミニ
   (銀座一丁目 奥野ビル5F)
期間:5月27日(月)~6月1日(土)
   12:30~19:00(最終日17:10) 


作家(齋藤)在廊予定日:5/27(月).29(水).30(木).6/1(土)



会場の位置情報は下記のDM画像をご参考に、
よろしくお願い致します。




ポストカード_縦_裏 [更新済み]





ポストカード_縦_表 改訂済み




ささやかな展示になりますが、銀座にお越しの際は是非お立ち寄りください。



齋藤 杏奈




スポンサーサイト
2013/05/11 Sat. 11:31 | trackback: 0 | comment: 4edit

この記事に対するコメント

銀座奥野ビルでの展示を拝見しました。
震災後の芸術表現に立ち向かう姿に感銘しました。
またの機会があれば、拝見します。
有意義な話を聞かせいただき、ありがとうございました。

編集長 #mQop/nM. | URL | 2013/05/29 20:36 * edit *

Re:

展示をご高覧いただきありがとうございました。

コメント大変励みになります。

これからも精進致しますので、ぜひ見守りください!

齋藤杏奈 #o5zlN4js | URL | 2013/05/29 22:53 * edit *

このブログを最初から全て拝見しました。
テーマが貫かれていて驚きました。
生と死、その中間の存在・・・

私は先日、この感覚を現実に味わいました。
小菅にある東京拘置所を自転車で一周したときです。
建物施設の圧倒的な存在感と絶望感に震えてきました。
もしご覧になったことがなければ、その灰色の世界を体感することをお勧めします。

質問があります。
2012年の作品では写真にペイントした素晴らしいシリーズがあったのですが、このシリーズの続きはあるのでしょうか?

齋藤杏奈さまの作品には魂を感じます。

編集長 #- | URL | 2013/05/31 21:26 * edit *

Re: タイトルなし


こんばんは

2012年のコラージュ作品はいずれも、ブログのものが現在ある作品の全てですが、
こういったコラージュは現在も制作中で、根底のテーマは共通しております。
これからも順次サイトにアップすることになると思います。


東京拘置所は見たことはありませんが、他の場所にある拘置所なら見たことがあります。

日常とはかけ離れ、非人間的な場所だと直感で思いました。
ただそこにあるだけのものの寂寥。を少し感じました。

そういう「そこにあるだけの魂」を感じて頂ければと思います。


齋藤 アンナ






> このブログを最初から全て拝見しました。
> テーマが貫かれていて驚きました。
> 生と死、その中間の存在・・・
>
> 私は先日、この感覚を現実に味わいました。
> 小菅にある東京拘置所を自転車で一周したときです。
> 建物施設の圧倒的な存在感と絶望感に震えてきました。
> もしご覧になったことがなければ、その灰色の世界を体感することをお勧めします。
>
> 質問があります。
> 2012年の作品では写真にペイントした素晴らしいシリーズがあったのですが、このシリーズの続きはあるのでしょうか?
>
> 齋藤杏奈さまの作品には魂を感じます。

anna1010 #- | URL | 2013/06/03 00:55 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://annasaito.blog130.fc2.com/tb.php/142-f2475fd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。